デートで女性をラブホテルへ誘う方法

口説きのマニュアル

ラブホテル 誘う

セフレが欲しそうな女性を口説くには、やはりアルコールの入る場が最適です。セックスしたいと思っていても女性は自分からは言い出しにくいものですし、尻軽に見られたくないという心理も働きます。酒が入れば酔ったフリで応じやすく、後から「酔っていたから…」という言い訳もできます。

 

男性側も酒で勢いをつけられるため、双方にとってメリットは大です。
 話の内容は、序盤は一般的な世間話などで和やかな雰囲気を演出することになるでしょう。

 

しかしその日中にセックスしたいなら、徐々に突っ込んだ話に持っていきたいところです。
場が温まってきたら、恋愛系の話にスライドしていきましょう。自分だけでなく相手の女性にも話をふって、不倫や浮気、修羅場の経験など、ある程度深いところまでお互いがカミングアウトするような感じになればベストです。あまり他人には言わないようなことを打ち明けたことで、既にただの知り合い以上の感覚に近づけます。

 

 そこまで来たら、次はすかさずスキンシップです。手や肩、髪に触れたり、拒まれなければ太ももにも。相手の飲み物を一口もらうのも良いでしょう。心理的に壁が無くなったことを確信したら、いよいよ店を出ます。

 

 後は難しいことは何もありません。女性の手を取って真っ直ぐにホテルへと向かい、堂々と入りましょう。
気をつけることは「決して躊躇をしない」、これだけ。もしフロントで女性が拒むような素振りをしても、十中八九ただのポーズです。

 

抱き寄せて首筋に口をつけて「今夜は一緒にいたいんだ」とでも言えば、それ以上は拒否しないはず。
さっさとエレベーターに乗り込んでしまえば、万事OKです。

 

素敵なセックスをやる方法


セフレ最速ゲット!

  
セフレ ランキング