理想的で素敵なセックスをやる方法

最高のセックスの定義とは

理想 セックス

 セックスには様々の種類がある。

 

相手だけでも恋人、セフレ、ナンパ相手、不倫相手、風俗、元恋人など多岐に分かれ、そこからまたノーマルなセックス、マニアックなセックス、一方的なセックス、お金が絡んだセックス、ワンナイトセックスなど様々存在する。

 

 性癖や、恋人との距離感、セックスへの考え方など人によって最高のセックスの形とパートナーは千差万別だろうから一概にこれとは言えないが、どんな形や相手であれ、私の経験の中で最高だと思ったセックスに共通するものは常に「理解」と「共有」であった。

 

今回、最高のセックスを語るにおいてこの2つを定義として話を進めていきたい。

 

【経験談から見る憶測】

 おそらく、恋人とだけセックスしていくことが最も人道的であり、多くの人にとっては大前提なのかもしれないが、私は恋人、元恋人、セフレ、男友達とのセックスを経験したことがあり、人によってはとんだアバズレと思うだろうからあまり声を大にして語れないが、いずれも良いセックスと悪いセックスを体験したと自負している。

 

最も共感しやすいだろう恋人を例に挙げるが、恋人とのセックスで最も気持ちがよかったのは「お互いの性感帯への理解」と「お互いが楽しく気持ちがいいセックスを共有」が成り立った時であった。

 

こうしてほしい、こうしたいといったお互いのニーズを理解して、そして同じテンションで役柄を演じきっての興奮を共有したセックスは何物にも変えがたい最高の産物である。

 

しかし、たとえ同じ相手であっても最悪なセックスとなる場合もある。どちらかが一方的過ぎたり、極端にテンションが低かったりといった中でのセックスは最悪別れも辞さない程に違和感があるのだ。分かりやすい例で言えば、彼氏がAVの真似ばかりするときなんか女性はかなり冷めるのではないだろうか。

 

そしてこの「理解」と「共有」は恋人ではない人物とのセックスにも当てはまる。例えばセフレだ。セックスだけの関係だと割り切ることで、かえって恋人相手にはできなかった興味本位のプレイや、大胆な姿をお互いさらけ出すことで「お互いのセックスへの理解」と「快感の共有」が成立する。

 

そうすることで恋人とはまた違った最高のセックスが実現するのだ。
 憶測ではあるが、おそらく多くの人が最高だと感じるセックスにこれは共通するだろう。

 

一見「理解」と「共有」が成り立たないように見える強引なセックスも「お互いがこういうのが好きだ」という理解と、主従関係を共有している場合はしっかりと最高のセックスが成り立っているはずである。

 

【どうすれば最高のセックスにたどりつけるか】

素敵なセックス
 お互いについて深く知り合うことが何よりもネックとなるだろう。つい「恥ずかしくてとても言えない・・・」と、自身の性感帯や、好みのプレイについて閉口してしまった結果、パートナーとの営みに違和感が絶えず、別れを迎えるカップルが多く存在する。

 

 体は裸なのに心は裸になれないというのもまたおかしな話ではあるが、その裏には「嫌われたくない」「引かれたくない」といった、気遣いと不安が入り混じった感情がある。
 もし、今のパートナーとなかなか最高のセックスに到達できずにいるカップルは、一度腹を割って語り合うのも手だろう。

 

もしどうしても理解されがたい性癖や、共有しがたい関係をお望みならば、お金を出して風俗に行ったり、インターネットの掲示板やナンパで地道に同志を見つけ出すのもまた一興なのかも知れない。


セフレ最速ゲット!

  
セフレ ランキング